SNK-41D
 
希望小売価格:57,000円(税込)
 
※生産完了いたしました(H23.12.20)。
アフターサポート完了。
 
 
 

 SNK-41Dは、CCD撮像素子にSONY製SuperHADCCDを採用した、ピンホール型レンズ採用のマイクロサイズ(16×16×11(19)mm)CCDカメラです。カメラとしての心臓部にあたる撮像素子には、41万画素の1/4型CCDをチョイスし、画質面を損なうことなくカメラ部の小型・軽量化に成功しています。また、新DSPの採用で、レンズを通して入光する光量をソフトウエア的に自動判別し、一定の低照度に達した時、カラーからモノクロへと自動的に信号を切り替えます。光量の少ない低照度下ではカメラ側で自動的に明るさを判別、瞬時にモノクロへとスイッチングすることで、低照度下でのカラー撮影時に発生しがちなゲイン・ノイズの軽減を目指したアンチ・ノイズ機能※注意)を搭載しています。

 

注意:SNK-41Dが採用する同型のCCDにおいて、同一条件下での低照度下におけるカラー撮影時とモノクロ撮影時の比較にもとずくゲイン・ノイズの軽減を目指したものであり、他社製CCDカメラ等との比較を想定しているものではありません。

 
 
 
 
コンパクトなボディにSONY製高性能CCDチップを搭載  

外形16×16×11(19)mmのスーパーマイクロサイズボディに、SONY製の高性能・高画質41万画素のCCDチップを搭載しました。わずか1mm程度の小穴から、驚くような高画質を実現しています。

SNK-41D
本体はピンホール型光学レンズを採用しました。先端のわずか1ミリの穴から、高品質な映像を撮影することができます。
 

●カラー/モノクロデュアル方式のアンチ・ノイズ機能の採用

CCDの性能はもちろんのこと、画質の本質を大きく左右するDSP(Digital Signal Processor)。SNK-41Dは、新DSPの採用で、従来のカラー時の画質向上を達成すると同時に、新たに低照度下でのゲイン・ノイズの低減を目指し、CCD面に結像した光量を自動判別し、光量不足であると判断した時に、自動的にモノクロに切り換えます。これにより、カラー撮影時の宿命とも言える低照度下での撮影時のゲイン・ノイズの発生を限りなく目立たなくしました。

注意:本機は、カラー/モノクロをソフトウエアにてCCDへの入光量に応じて照度を判別し、自動的に切り替えますが、夜間撮影を目的とする、デー/ナイト機能を有するものではありません。カラー撮影時の低照度下における、ゲイン・ノイズの軽減を目的としてモノクロに切り替える機能であり、夜間撮影を目的とした機能ではありません。

 
 

ポリスビデオシリーズに完全対応

SNK-41Dは、ポリスビデオシリーズに完全対応しています。ポリスビデオ本体からの電源の供給や、オプションの有線リモコンを併用することで、電源のON/OFFから録画のスタート/ストップまでの一連の動作を、システマチックに行うことができます。他の外部録画機器を使用した場合の、個々に行う煩雑なアクションを極限まで減らすことができます。

注意1:ポリスビデオシリーズとは、PV500HC/700HC/1000HC及びモバイルエージェント95です。
注意2:有線リモコンに対応している機器は、PV700HC及び1000HCとなります。

 
 

他の録画機器との組み合わせ

SNK-41Dは、ポリスビデオシリーズ以外でも、付属の分岐ケーブルを利用することで、アナログ信号によるビデオデッキやDVDレコーダーなどの他の録画機器にて録画が可能です。さらに、活用の範囲が広がります。

注意1:出力される映像信号は、アナログのコンポジット信号(SD映像)となります。録画機側が、コンポジットAV入力端子を装備してる必要があります。
注意2:録画機側のSD映像入力端子が、S端子の場合ダイレクトに録画はできません。

 
 
高感度マイクが標準装備  

SNK-41Dには、別ユニットにてコンデンサ型高感度マイクが標準で付属します。録画される映像に、臨場感溢れる高音質なサウンドを同時記録することができます。また、音声が不要であれば、コネクトボックスにマイクユニットを接続せずにカメラ単体での使用も可能です。

注意:音声はモノラルとなります。

高音質マイク
SNK-41Dに付属する高性能マイクロフォン。音声の不必要な時は、写真のように分離できます。
 
バッテリーに006P9V型乾電池を採用  

本機の駆動用バッテリーとして、006P9V型乾電池を採用しました。専用のバッテリーと違い、不意の電池切れにも、入手性はバツグンです。

カメラの駆動用バッテリーとして、入手性の高い9V角型乾電池を採用しました。
 

●低消費電力仕様

SNK-41Dは、カメラ全体として、低消費電力設計となっています。アルカリ9V乾電池を使用した場合に、約40分程度の駆動を実現、またアルカリ単三乾電池6本使用時で、約10時間40分の駆動が可能です。

注意:アルカリ9V乾電池は東芝社製、アルカリ単三乾電池は三菱電機社製でのそれぞれの実測地です。ただし、温度や環境により、多少の変動がありますのでご注意下さい。

 
 
 

超小型でシンプルなデザインを採用

撮影機器のCCDの小型化が加速する中、描画力に優れる比較的大型の1/4型を採用したにも拘わらず、筐体のデザインを13×13×11mm(レンズ部除く)と非常にコンパクトにまとめました。小型ボディのSNK-41Dは、今までにないユニークで斬新なアイデアのヒントを齎すでしょう。

 
 
 
 
 
SNK-41D各部の名称
 
 
 
 
商品名 SNK-41D
信号方式 NTSC
動画記録・再生方式 録画機器に準ずる
撮像素子

1/4型SONY製SuperHADCCD

有効画素数 38万画素(総画素数41万画素)
レンズ F2.2,f=4.3mm(1/3インチフォーマット、ピンホール型)
シャッタースピード 1/60〜1/100,000秒
水平画角 ≒51度
最低被写体照度 1.5Lux/F2.0
水平解像度 480TVLines
電源 DC5V(分岐ケーブル不使用時)、9V(分岐ケーブル使用時)
電池寿命 約40分(東芝製006P9Vアルカリ乾電池使用時)※2
記録メディア -
入出力端子 電源兼用ポリスビデオシリーズ専用映像・音声出力端子※1及び付属分岐ケーブルによる映像・音声出力端子(RCAメス)とφ2.1mm電源入力端子
音声マイク あり(別ユニット)

音声ボリューム

-
外形寸法 13×13×11(19)mm(カメラヘッtド部)、290mm(カメラケーブル)、φ10×34mm(マイクユニット)、300mm(マイクケーブル)、41×28×10mm(コネクトボックス)、980mm(コネクトボックス以降のケーブル)、33×69×21(23)mm(電池BOX)、54mm(電池BOXケーブル)
重量

60g(マイク&カメラ部)、18g(分岐コード)、22g(電池ボックス)

別売オプション品 -
 
 

※1:ポリスビデオシリーズとは、ポリスビデオ500HC/700HC/1000HC及びモバイルエージェント95です。
※2:乾電池による駆動時間は、目安とお考え下さい。 

 
 
 

<付属アクセサリー>

カメラユニット、マイクユニット、分岐ケーブル、006P9V電池BOX、9VAC専用アダプター、取扱説明書兼保証書、映像機器使用に関する注意書

 

※注意:本製品の保証期間は6ヶ月となります。
※注意:ご使用の際は、付属の取扱説明書をよくお読みになり、十分理解された上でご使用ください。
※注意:仕様およびデザインは性能向上のため、予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。

 
 
※本サイトに掲載される全ての内容(テキスト、写真、イラストなど)の著作権は、その著作および制作者にあり、法律で保護されています。二次使用等の行為は、禁止いたします。
 
ピンホールレンズ


VP-37KXevo

VP-37QX
ビデオカメラ用変換リング

ワイヤレス・ピンホールカメラ


Cougar 10


ファイバースコープ


ファイバービジョン6000V

ライトガイドMAG

カムフラージュ型CCDカメラ

SVR-41N
SVR-41Ni
SVR-41NT
SVR-41HF
SVR-41HB
SVR-41CAP
SVR-29
SNK-41D
CS-20
AC-12D
CL-10
HP-20

ヘッドセット型CCDカメラ
 


SVR-41Rescue-i

ビデオトランスミッター

SVR-150

カメラ一体型レコーダー
 


Mobile Agent 95
ポリスカムPC-300
ポリスカムPC-350

モニター/レコーダー

ポリスビデオ500HC
ポリスビデオ700HC
ポリスビデオ1000HC
ポリスビデオ1200
RC-TV1.2G

アクセサリー
 


デュアルボルテージ48
デュアルボルテージHC
NEW PVチャージャー

赤外線投光器


K-Light
M-Light
L-Light

ガムショットシリーズ


デジタルガムショットG
スーパーガムショットS
スーパーガムショットSR

ドアビューアー関連


カラードアカムH

リバースドアスコープ
リバースドアスコープS

---------------------------------------------------------------