ポリスカム PC-300GⅢ | 製品情報 | サンメカトロニクス


トップページ > 製品情報 > 映像機器 > PC-300G3Ⅲ

PC-300GⅢ

FullHD対応リモコンキー型デジタルビデオカメラ

希望小売価格:50,000円(税別)


オーバービュー 機能と特長 撮影サンプル
各部名称 製品仕様 同梱品
注意事項

オーバービュー

ポリスカムシリーズに"PC-300GⅢ"が新しいデザインで新登場。PC-300GⅡと同様の基本性能を有し、1080p/30fpsの高精細映像で証拠動画を記録します。手のひらにすっぽり収まる極小ボディと、わずか3つのボタンによる俊敏かつ簡易的操作性能で調査・捜査を強力にサポートします。
ページの先頭へ

機能と特長

  • 1080pの高画質設計
  • 350万画素デジタルCMOSイメージセンサーを採用。FullHD1080p/30fpsの高精細映像は、撮影対象の人相・着衣細部を鮮明に記録します。
  • シンプルなデザインと操作性
  • シリーズの要であるシンプルなデザインと操作性能。最低限に絞りこんだ操作系は、信頼性のある俊敏なレスポンスで緊急時の動画記録を可能にします。
  • 秀逸なる秘匿性能
  • 現場でのスムーズな証拠撮影実行に不可欠な高い秘匿性能を有しています。
  • 細部まで描写可能な静止画撮影機能
  • 静止画解像度は2592×1944ピクセルを提供。咄嗟のスナップ撮影時でも、高解像度で鮮明な情報を余すことなく切り取ります。
  • 高音質マイク
  • マイクは高性能なコンデンサー型マイクを採用。PCMデジタル録音にてクリアな音声記録が可能です。
  • その他
  • 日付を映像にインサートできるタイムスタンプ機能、本機の作動状態をお知らせするバイブレーション機能の提供。
    日付設定はこちら
ページの先頭へ

撮影サンプル

撮影設定
動画サイズ 1080p
フレームレート 30fps

  1. 撮影環境により、映像がちらつくことがありますが、機器の不具合ではございません。
    (電源周波数が50Hz地域の東日本では、蛍光灯を光源とした撮影の際に映像が ちらつく"フリッカー"と呼ばれる現象が発生する場合があります。 )
  2. この動画はWeb用に変換しているため、実際に撮影した映像とは若干異なります。
    実際に撮影した映像のデータは、こちらよりダウンロードしていただけます。 → ダウンロード
ページの先頭へ

各部名称

ページの先頭へ

製品仕様

製品名 PC-300GⅢ
動画 / コンテナ H.264 / MOV ※1
撮像素子 1/3インチプログレッシブCMOSイメージセンサー
動画記録解像度 1080p(30fps) / 720p(30fps) ※2
記録媒体 MicroSDHCカード(最大16GB)
レンズ f=4mm/F3.2
最低被写体照度 3.3Lux
画角 動画:55°(1mで約1m程度の範囲を撮影)、静止画:50.4°(1mで約0.94m程度の範囲を撮影)
静止画解像度 2592×1944ピクセル
電源 リチウムイオン充電池 3.7V650mAh
充電時間 約2.5~3時間 ※3
電池寿命 1時間30分程度(1080p時)/1間40分程度(720p時) ※4
その他の機能 タイムスタンプ機能、バイブレーション機能
入出力端子 miniUSB端子×1 ※5
音声マイク あり
外形寸法/重さ 43(W)×12(H)×75(D)mm/42g
  1. 対応OS WindowsVista/7/8/10。
  2. 1ファイル10分/約1GB(1080p)、1ファイル10分/約554MB(720p)
  3. 充電したまま放置するすることは絶対にしないで下さい。
  4. 撮影環境により多少前後します。
  5. 充電及び本機にて録画したデータをPCに移動するためのものです。リムーバブルディスクのようにご使用にならないで下さい。
ご注意!
  • 映像機器は駆動中に熱を発します。電源を入れたまま長時間体に密着する様な使用はお止めください。
  • 本製品を何かで包んだり密封した状態での使用はお止めください。何かに装着して使用する場合は放熱を十分に行ってください。
ページの先頭へ

同梱品

PC-300GⅢ本体、microSDHCカード16GB、USBケーブル、取扱説明書兼保証書、映像機器に関する注意事項書

ページの先頭へ

注意事項

※本製品の保証期間はお買い上げ日より6ヶ月となります。
※ご使用の際は、付属の取扱説明書をよくお読みになり、十分理解された上でご使用ください。
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更される場合があります。予めご了承下さい。






※本サイトに掲載される全ての内容(テキスト、写真、イラストなど)の著作権は、その著作および制作者にあり、法律で保護されています。二次使用等の行為は、禁止いたします。



ページの先頭へ